野生のハムスターの生活
★野生のハムスターは地下に巣穴を掘って生活しています。
ハムスターはトンネル(穴)掘りの名人で、地下ではトンネルが
いたるところに走り地上に続いています。
そして食糧貯蔵庫、トイレ、巣(寝床)など、部屋を区別して
生活しています。
また、ハムスターは夜行性の動物で、昼間は巣穴で寝ていて
夜になると食べものを求めて外に出て活動します。




★ハムスターの習性を活かした、様々な形状の移動用パイプ。
そのままケージの中に置いたり、遊具やケージ同士で接続したり‥。
パターンいろいろ、自由自在に楽しめます!



○飼育ケージを横並びに接続して、
 自由に行き来可能に!


○大きな水槽にマットと土を入れて、自由に穴掘りをして遊べる自然に近いエリア。安心素材の広葉樹マットを使用!

○種類の違った砂をガラス
ビンに入れ、お好みで砂浴び
できるエリア。






つないでも、ひとつでも!!思い思いに楽しめるハムスターパイプ。






※ハムスターパイプはそれぞれ単品パックの販売です。
※パターン形状にあわせた単品を必要数、ご準備下さい


ハムスターパイプ使用上のご注意
※接続例は、パイプを組み立てる時の目安です。個体によっては適さない場合があります。体格や性格、体力や体調、用品の状態等をよく観察し、安全にご使用して頂きます様、お願いいたします。
※パイプを接続することにより、一部だけに過度な重みをかけないようにして下さい。全体の安定感が損なわれていないかを確認しながら組みあげて下さい。
※パイプの数を増やしすぎると、パイプ自体の重みで外れる恐れがありますので、必ず接続状態を確認しながらご使用下さい。
※パイプ同士は、チューブリンクによって繋がっていますが、低温時などは樹脂が硬くなり、外しにくくなる場合があります。その場合、ぬるま湯等につけ、軽く温めると樹脂が柔らかくなり外し易くなります。
※サークル等、他のジョイントパーツとの接続時は、逃げ出さない様に飼育者の管理の下で一定の時間のみ接続して下さい。
※パイプには通気用の小さな孔を設定していますが、複数飼育等で、一度に何匹ものハムスターがパイプ内に進入した場合、間に挟まれたハムスターが身動きが取れずに、窒息死する恐れがあります。複数のハムスター(3匹以上)を同じケースに入れないで下さい。


ひとつ戻る小動物HOME