拡大表示


f23  フェレット・プラス
 「ダイエット・メンテナンス」
 400g
フェレット用プレミアムフード
              

・ 容量:400g

・定価:900円(税抜価格)
・JANコード:4976285152306

・対象生体:フェレット
フェレット



フェレットの健康的な体作りと体調維持に
不可欠な栄養がバランスよく含まれたプレミアムフード



フェレットの食性

フェレットは、肉食で腸が短く、短時間で多くの栄養素を取り込まなければなりません。与える食事は、良質の動物性のタンパク質と脂質が豊富に含まれ、負担が少なく速やかに消化できる事が大切です。



フェレット・プラスの特徴

フェレット・プラスは、加工肉粉などは一切使用せず、安心して与えられる国産生鶏肉を主原料に、含まれているタンパク質・脂肪分の約90%が動物性素材で作られた、肉食動物であるフェレットの健康的な体作りと体調維持に不可欠な栄養がバランスよく含まれたプレミアムフードです。消火活動の負担を軽くして便の状態を整えられるよう、消化の良い乳タンパクと乳酸菌を配合いたしました。









フェレットに必要な食性を考え、厳選された素材



原材料のこだわり

良質な動物性タンパク質を摂れる様
国産鶏肉を使用

■小麦粉不使用
■合成保存料・抗菌剤・抗酸化剤を無添加


肉骨粉やミール不使用


フェレット・プラスは、一般的なペレットフードに使用されるミール類(肉骨粉)やトウモロコシ などの植物性タンパク質を主原料に使用していません。






■原材料
国産鶏肉、脱脂豚肉、サツマイモ、大麦全粒粉、魚粉、玄米、動物性脂肪、ホエイタンパク、キャノーラ油、ビール酵母、豚レバー、ゴマ、魚油、全卵、乳酸菌、第二リン酸カルシウム、L-リジン、DL-メチオニン、ビタミン類(A D E K B群 H)、硫酸鉄、硫酸銅、酸化亜鉛、炭酸コバルト、ヨウ化カリウム、セレンナトリウム

エネルギー:450kcal以上(100gあたり)
成分
粗タンパク質   40.0%以上
粗脂肪      19.0%以上
粗繊維      1.5%以下
粗灰分      6.0%以下
水分       10.0%以下









フェレットの栄養価を考え
低温低圧製法で時間をかけてじっくり製造



製造のこだわり

低温低圧製法

約80℃で殺菌製造し、更に約45℃で約10時間かけ乾燥させる「低温低圧製法」ですので、タンパク質やビタミン類、その他の栄養分の 劣化や油分の酸化を抑えます。
一般的なペットフードの製法

一般的なペットフードは、エクストルーダ製法で前もって調合された穀物や肉粉などの粉状の原材料を「高温加熱かくはん→約120〜160℃位高温高圧発砲成型→高温乾燥→コーティング」などの製造課程を一気に成形する加工方法です。
その為、タンパク質やビタミン類の劣化が起こりやすくなります。









フェレット・プラスの製造において

フェレット・プラスは、生肉を主原料としている事や、粒の形を整えるための添加剤を使用しておりません。 できる限り造粒には気を配っていますが形が不ぞろいで、ミンチ状にされた鶏生肉の筋繊維や軟骨が、 粒から見えている場合があります。 これは、形を整えるためだけに使用される添加剤やミール(肉粉)を使用せず、 安心できる自然な素材を使用して製造している為とご理解下さい。









低温低圧製法だから消化・吸収が良い



タンパク質 約90%の消化・吸収

主原料の生肉を低温低圧にて製造する事により、タンパク質の消化・吸収 は栄養分の内、約90%が吸収、ミール類は約70%植物性タンパク質では 約40〜50%位しか消化・吸収されないと言われています。 またBHA、BHT、エトキシキン等の保存料や着色料、食品添加物も一切使用しておりません。
油脂の酸化防止の為に、酸化の早い再生油は使わず、バージンオイルのみ使用し、抗酸化剤の代わりにキャノーラ油のビタミンEとゴマに含まれる抗酸化物質セサミンを利用しています。



小麦粉不使用

ドライフードの製造には、つなぎ成分が必要です。 一般的に使われている小麦は、粘度が高く造粒の為には最適ですがフェレットは、その粘性を司るタンパク質「グルテン」を消化する酵素を持っていません。しかし、消化器官は過剰に働く事で、それらを消化しようとしてしまいます。 「フェレット・プラス」ではグルテンが少ない大麦と消化の負担が少ないサツマイモ、玄米を使用しています。 更に、胃の調子を整え、腸の乳酸菌の定着を助けるビール酵母を配合、腸内環境を維持しスムーズな消化を促します。

乳酸菌配合

乳酸菌は、消化活動の負担を軽くして便の状態を整え、腸内環境の維持をサポートします。










フェレット・プラスの与え方



フェレットは一日に少量を数回分けて食事します。

常にフードが食べられるようにして下さい。食べ残したフードは、一日に一度取り替えるようにして下さい。
フードの量は各個体に合わせて調整しながら与えて下さい。
(成体フェレットで一日に約40〜50g前後を目安にして下さい。)


他のフードからの切り替え

フードの切り替えは以前のフードに少しづつ混ぜながら、少しづつ量を増やしていくようにして下さい。






幼いフェレットへの与え方

離乳が始まってから生後14週間位までの幼い個体には、お湯に浸して柔らかくしてから与えて下さい。 食べ残したフードは傷みやすいので、状態に気をつけ、早めに取り替えるようにして下さい。











フェレット・プラス「ダイエット・メンテナンス」400g
関連商品のご案内

f24
フェレット・プラス
1.2kg
フェレット
ヘルシーバイト
フェレット
ヘアボール・リリーフ




◆ご注意◆
※本品はフェレット専用の総合フードです。他の目的及び、他の
 生き物には使用しないで下さい。
※フード類は良質な素材を小ロットで作っています。原材料の
 収穫時期や状態によって、形や色、風味に若干の変化がある
 場合があります。生き物の個性によって新しいフードを食べ
 なくなる時がありますので、新しいフードに切り替えるときは
 予め、今までのフードに少しずつ混ぜて与え、徐々に慣らして
 から切り替えるようにしてください。
※与え始めの時期は、便が緩む(下痢ではない固さ)場合が
 あります。
 また、与えている期間の便は濡れたような艶のある濃い色に
 なる事が多くあります。
※幼児が直接与える時は、必ず保護者の方が付き添う様にして
 下さい。
※合成保存料を添加しておりませんので、開封後は袋をキチンと
 密封し賞味期限に関わらず、1ヵ月を目安に早めに使い切るように
 して下さい。
※飼育時における事故等に関しましては、責任を負いかねますので
 予めご了承ください。

ひとつ戻る小動物HOME