拡大表示


f22  フクロモモンガフード
フクロモモンガ用ベースフード
              

・ 容量:300g

・定価: OPEN
・JANコード:4976285152207
フクロモモンガ



国産生鶏肉100%使用
フクロモモンガが食べやすい小粒形状で
合成保存料・抗菌剤・抗酸化剤は無添加



フクロモモンガの食性

フクロモモンガは夜行性で、昆虫食傾向が強く、時には爬虫類や鳥のヒナ・卵等を食べたり、樹液や花蜜、花や花粉、果実等、幅広く捕食する雑食性の生き物です。



フクロモモンガフードの特徴

フクロモモンガフードは小粒で食べやすく、幅広い雑食傾向にあるフクロモモンガの健康維持と体作りの為に、良質なタンパク質を動物性・植物性・昆虫からバランスよく含み、主なタンパク質源として生鶏肉の他、食性に配慮し昆虫成分も使用しています。

不足しがちなカルシウムの補給と吸収のために、リンの比率バランスにも気を配り、フクロモモンガの好む食性に合わせ、樹液(メイプルシロップ)、花粉(ビーポーレン)、果実等を配合しました。

フクロモモンガが食べやすい小粒形状で、合成保存料・抗菌剤・抗酸化剤は無添加です。ほのかな甘みと風味、充実の栄養を備えた、フクロモモンガの食生活を支えるベースフードです。













フクロモモンガに必要な食性を考え、厳選された素材



原材料のこだわり

良質な動物性タンパク質を摂れる様
国産鶏肉を使用

■昆虫 成分使用
■ビーポレン(蜂花粉)・メイプルシロップ 配合
■合成保存料・抗菌剤・抗酸化剤を無添加


肉骨粉やミール不使用


フクロモモンガフードは、一般的なフードに使用されるミール類(肉骨粉)やトウモロコシ などの植物性タンパク質を主原料に使用していません。






■原材料
国産鶏肉、国産魚粉、大麦全粒粉、玄米、ビール酵母、 コプラフレーク、サツマイモ、ホエイタンパク、 昆虫粉(コオロギ、ミルワーム)、バナナ果肉、豚レバー、 ヒマワリオイル、リンゴ果肉、ココナッツミルク、全卵、 ニンジン、メイプルシロップ、コーングルテンミール、小麦、 アーモンド、デンプン、カルシウム、ゴマ、ビーポーレン、 シナモン、ナツメグ、第二リン酸カルシウム、L-リジン、 DL-メチオニン、乳酸菌群、ビタミン類(A.D3.E.K.B群.K3.C)、 パントテン酸、ニコチン酸、ビオチン、葉酸、コリン、 硫酸鉄、硫酸銅、硫酸コバルト、硫酸亜鉛、硫酸マンガン、 ヨウ素酸カルシウム、ヨウ化カリウム、セレンナトリウム、 香料

エネルギー:370kcal以上(100gあたり)
成分
粗タンパク質   28.0%以上
粗脂肪      9.0%以上
粗繊維      8.0%以下
粗灰分      7.0%以下
水分       9.0%以下
------------------------------------------------
カルシウム    1.2%以上
リン       0.8%以上
ビタミンA     20000 IU/kg
ビタミンD3    1500 IU/kg









フクロモモンガの栄養価を考え
低温低圧製法で時間をかけてじっくり製造



製造のこだわり

低温低圧製法

約80℃で殺菌製造し、更に約45℃で約10時間かけ乾燥させる「低温低圧製法」ですので、タンパク質やビタミン類、その他の栄養分の 劣化や油分の酸化を抑えます。
一般的なペットフードの製法

一般的なペットフードは、エクストルーダ製法で前もって調合された穀物や肉粉などの粉状の原材料を「高温加熱かくはん→約120〜160℃位高温高圧発砲成型→高温乾燥→コーティング」などの製造課程を一気に成形する加工方法です。
その為、タンパク質やビタミン類の劣化が起こりやすくなります。







フクロモモンガフード製造において

フクロモモンガフードは、生肉を主原料としている事や、粒の形を整えるための添加剤を使用しておりません。 できる限り造粒には気を配っていますが形が不ぞろいで、ミンチ状にされた鶏生肉の筋繊維や軟骨が、 粒から見えている場合があります。 これは、形を整えるためだけに使用される添加剤やミール(肉粉)を使用せず、 安心できる自然な素材を使用して製造している為とご理解下さい。









低温低圧製法だから消化・吸収が良い




タンパク質 約90%の消化・吸収


主原料の生肉を低温低圧にて製造する事により、タンパク質の消化・吸収 は栄養分の内、約90%が吸収。
ミール類は約70%植物性タンパク質では 約40〜50%位しか消化・吸収されないと言われています。
またBHA、BHT、エトキシキン等の保存料や着色料、食品添加物も一切 使用しておりません。









フクロモモンガフードの与え方



夜行性なので夕方に与えましょう

■ 毎日1日1回、夕方(※)に与えて下さい。
(※)・・・フクロモモンガは夜行性のため1日に与える量は、体重に対して約5〜10%位を目安にして下さい。(体重100gに対して5〜10g)

■ フクロモモンガフードの他、果物や野菜等の副食をあわせて与えるようにして下さい。

■ メニューバランスは専門の飼育書などを参考に、フクロモモンガの状況・体調に応じて食事内容を調節をするようにして下さい。

■ 食べ残した食事は傷む前に早めに取り出して下さい。





幼いフクロモモンガへの与え方

幼いフクロモモンガの離乳食などのフード始めでは、 少量の”熱めのお湯”でフードを軟らかくしてみましょう。 最初は少し弛め(お粥程度)から始めて、徐々に慣らしながら、水分量を減らしていきます。 大人のフクロモモンガでも、乾燥したフードが 食べづらそうであれば少しふやかして与えると食べ やすくなります。

※サンコーフクロモモンガフードは発泡成型をしておりませんので少し高温のお湯の方がふやけやすくなります。お湯は少量ですのでフードに付着すると、早く温度が奪われますので、栄養が崩される心配はございません。






他のフードからの切り替え方法

大人のフクロモモンガのフードの切り替えでは、好きな食べ物と一緒に与えると食べやすくなります。別々に与えるのではなく、ふりかけたり、混ぜ込むと好きな食品の香りや味が混ざって、警戒心が和らぎます。

※イメージ写真は、つぶしたバナナにフードをふりかけています。



食事の与え方を工夫してみる

初めてのフードは、警戒して食べてくれない場合があります。 食べやすくする様に、ひと手間、工夫を加えると、
与え始めが スムーズになります。 1匹1匹の性格に合わせて、食べやすい方法を試してみて ください。

一緒に好きな食べ物を与えていると、先に好きな物から食べ、お腹いっぱいになり、食べ慣れていないフードに手をつけない事があります。食事時間の先にフードのみを与え、食べ終えた後で、他の食品を与えると偏食しにくくなるようです。










◇フクロモモンガフード 関連商品のご案内◇

F121 f25
充実果汁
フクモモゼリー
プロテイン・
エナジーバイト




◆ご注意◆
※本品はフクロモモンガ専用のベースフードです。他の目的及び、
 他の生き物には使用しないで下さい。
※フード類は良質な素材を小ロットで作っています。原材料の収穫
 時期や状態によって、形や色、風味に若干の変化がある場合が
 あります。生き物の個性によって新しいフードを食べなくなる
 時がありますので、新しいフードに切り替えるときは予め、
 今までのフードに少しずつ混ぜて与え、徐々に慣らしてから
 切り替えるようにしてください。
※幼児が直接与える時は、必ず保護者の方が付き添う様にして
 下さい。
※合成保存料を添加しておりませんので、開封後は袋をキチンと
 密封し賞味期限に関わらず、1ヵ月を目安に早めに使い切るように
 して下さい。
※飼育時における事故等に関しましては、責任を負いかねますので
 予めご了承ください。

ひとつ戻る小動物HOME